ケープタウン旅行の見どころ

画像参照:Megan Trace

南アフリカ共和国の南西に位置する『ケープタウン』は、注目の都市です。 ヨハネスブルグに次ぐ大都会で、コロニアル風の街並みなど見どころが多いです。ケープ半島周辺はテーブル・マウンテンや喜望峰など、山あり、平原ありと、地形がバラエティに富んでおり、ここを拠点に周辺諸国へ行くツアーなどもたくさんございます。南アフリカ随一の観光地ケープタウン。市内では中心部やウォーターフロントと呼ばれるエリアがにぎやかで、とても観光客が多いエリアとなっています。 ただしおすすめの観光名所は郊外にあります。ロープウェイで上った頂上から市内や湾を一望できるテーブルマウンテン、アフリカ最南端の喜望峰とケープポイント、ペンギンが生息するボルダーズビーチ、オットセイを観察できるドイカー島、アフリカ固有の種も多くあるカーステンボッシュ植物園、南アフリカ有数のワイナリーなどをまわってみたいです。 郊外観光は、ツアーでまわると効率が良いです。そびえ立つテーブル マウンテンから、ケープダッチ様式の建築や輝く青い海まで、ケープタウンは豊かな自然と文化で知られています。どこにいても、アイコン的存在のテーブル マウンテンが、世界有数の雄大な背景となって視界に現れます。ハイキング、またはゆったりとロープウェイを利用して頂上に行ってみないことには、この南アフリカ港湾都市への旅行は完結しません。息をのむような眺望は、アフリカ全土でも屈指の光景として知られています。アフリカーンス語で "カープスタット"と呼ばれるケープタウンは立法府所在地で、ヨハネスブルグに続き 2 番目に人口の多い都市です。 南アフリカの国内には最も多くの旅行者が訪れます。この街の歴史は、建築の中に刻まれています。植民地化を進めたオランダの名残りは、"ケープダッチ" と呼ばれるユニークな建築様式に残っています。正面に装飾的な切妻のある家々を探してみてください。 ボ カープ地区では、カラフルな家並みとイスラム寺院のミナレットにマレーシアの影響を見ることができます。豊かな多国籍文化から、国内でも最も美味しいと言われる食べ物がいくつも生まれています。ボ カープ地区の屋台で、スパイシーな肉料理ボボティーなどの地元料理を試してみるのもいいですし、ビクトリア アンド アルフレッド ウォーターフロントの高級レストランは、とても美味で、そこで新鮮なシーフードを使った料理を味わってみるのもよいでしょう。